2006年03月26日

振込手数料の節約術(ネット銀行のススメ)

こんにちわ。節約生活「エコエコライフ」です。
今日は、銀行の振込手数料の節約についてお話しましょう。

毎月の家賃の振込、学費の振込、子どもへの仕送り、通販でお買い物をした時の代金振込など、さまざまな生活の場面で「振込」が必要になることってありますよね。

例えば、毎月の家賃を振り込む場合、1年間でどのくらいの振込手数料がかかるか考えたことがありますか?

1回の振込で420円(大手都市銀行・3万円以上・他行宛の場合)、1年間で5040円もかかります。2年間では10080円、5年間では25200円にもなります。

そこでおすすめなのが、「ネット銀行」。

ネット銀行とは、インターネットを使って振込などを行う無店舗の銀行です。
金利が高く、手数料は安い、というメリットがあります。もちろん、取引はインターネットを使って行いますから、振込のために銀行に出向く必要がなく、24時間いつでも自宅で手続きができます。無店舗といっても、入出金はコンビニATMなどで行うことができます。

では、先ほどの家賃の振込。ネット銀行を使うとどうなるでしょうか。
1回の振込手数料はわずか160円(イーバンク銀行・他行宛の場合)。
1年間で1920円で済みます。

さらに、毎月の振込に便利な自動送金サービスも同じ160円。大手都市銀行でこのサービスを利用する場合、1回当たり630円かかりますから、1年間で5640円も節約できるんです。

ちなみに、同じネット銀行宛は振込手数料0円!というところが多いようです。

振込手数料や金利、サービスや特色はネット銀行ごとに違いますので、「ネットバンク比較サイト」 などを参考に使い道にあった銀行を選ばれるとよいと思います。

「これ以上、銀行口座を増やしたくない」という方は、通常の銀行の「インターネットバンキング」から始めてみるのもいいと思います。これは、今お使いの口座の取引をインターネットでもできるようにするものです。
ネット銀行と同様、振込のために銀行に出向く手間が省け、ネット銀行ほどではないですが、振込手数料も少し安くなります。

ただし、ネット銀行も、インターネットバンキングも、インターネットを介して取引を行うという性質上、セキュリティには十分注意が必要です。
確かに金利も高いですが、振込手数料の節約のみを考えるなら、必要最低限の金額だけを入金し、大金を入れておかないようにする方が安心でしょう。





にほんブログ村 料理ブログ 節約・簡単料理へ
posted by ろしぽん at 22:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | レジャー・その他の節約
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。