2006年05月23日

水筒のススメ

こんにちわ。節約生活エコエコライフです。

「水筒」と言うと、ピクニックや遠足を想像しがちですが、近頃、職場に水筒を持っていく会社員やOLが増えているそうです。

理由は、「飲み物代の節約」が一番多いのですが、中には自分の好きなハーブティーや健康飲料を持参するためという理由も。

ちなみに我が家も主人に毎日水筒を持たせています。
冬は風邪の予防に渋めの緑茶を、夏は冷たい麦茶、そして花粉症の時期には甜茶、また時には杜仲茶を持たせています。

この水筒ブームのおかげで、通勤にも邪魔にならない超小型、超軽量のものや、片手で簡単に開けられるものなど、新しい水筒が続々と出ています。

飲み物代の節約につながるだけでなく、何度でも使える水筒は環境にもやさしいですね。

とにかく軽いんです!注ぎやすく、洗いやすい!サーモス 超軽量ボトル0.49L
とにかく軽いんです!注ぎやすく、洗いやすい!サーモス 超軽量ボトル

超コン パクトで超スリム丸洗いもOK!象印 ステンレスボトルタフスーパースリム 0.25L>
超コンパクトで超スリム丸洗いもOK!象印 ステンレスボトルタフスーパースリム 
0.25L

ワンタッチで飲めるから便 利!保冷・保温両用サーモス ケータイマグ0.48L
ワンタッチで飲めるから便利!保冷・保温両用サーモス ケータイマグ0.48L

ポットのトップブランドが 作り出した水筒。高級感あるデザインがステキ♪アルフィ バキューム...
ポットのトップブランドが作り出した水筒。高級感あるデザインがステキ♪アルフィ
 バキューム...


posted by ろしぽん at 23:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 食費の節約

2006年02月15日

クレジットカードの活用

こんにちわ,節約生活エコエコライフです。

だいたいどこのスーパーでも「特売日」というのが決まっているものですが、すべての人がお得に買える特売と、そのお店のクレジットカードを持っている人だけが割引になる場合があります。

そうなると、持っていないと損ですよね。

嬉しいことに、スーパー系のクレジットカード年会費無料のところが大半です。
もちろん、買物時の割引以外にもさまざまな特典があります。

例えば、ポイントをためて商品や金券と交換できるのはもちろん、全国各地の提携店での割引、保険や引越料金の割引、コンサートチケットの優先販売、海外旅行保険の自動付帯など、さまざまなサービスがあります。

最近では、「おいしいお水」の無料提供を行っているスーパーも出てきました。

でも、お財布のヒモをがっちりしめている倹約家さんにとっては、家計が把握しにくいクレジットカードはちょっと・・・という方もいるかもしれませんね。

カードを使っても家計をきちんと把握するためには・・・

カードを使ったその日のうちに、生活費からカードで使った分のお金を取り分けておきます。そして、取り分けておいた分は月末に銀行口座に戻します。
こうすれば、生活費以上に使ってしまうこともありません。



どうしてもカード払いが嫌な人は、カードを提示すれば現金払いでも同様のサービスが受けられるところもあるようですので、探してみてはいかがですか?


posted by ろしぽん at 22:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 食費の節約

2006年02月13日

庶民のワイン選び

前回は、【お買い物のコツ(ささやかな贅沢編)】でしたね。
今回は、その「おまけ編」【庶民のワイン選び】をお届けします。

おいしいお肉を買ったら、たまにはワインでも開けたくなるもの。
でも、普段ビールしか買わないウルトラ庶民にとってワイン選びはちょっと難しい。

高ければおいしいの?いえいえ、むしろ、高いワインはクセがあるので、分かって買わないと失敗するかもしれません。

もちろん、専門店に行けばお店の人がよいワインを紹介してくれるでしょう。

でも、普段のお買い物はスーパーですよね。最近ではスーパーでも結構ちゃんとしたワインを置いています。しかも、スーパーはたくさんの人に買ってもらうため、安価で万人うけするクセのないワインを置いていることが多いのです。

スーパーでワインを買うときは、「おすすめ商品」をねらいます。
おすすめ商品は、スーパーが「これは売れる」と考えて仕入れていますから、はずれが少ないんです。

おすすめ商品かどうかのポイントとなるのが「島」「フェイス」

「島」は陳列棚ではなく、通路などに特売用に設けられた売り場のこと。
スーパーでは、ワインに限らず特売品を通路などに島を設けて置いているのをよく見かけます。陳列棚に乗せきれないほど大量に仕入れているのは、売れると見込んでいる証拠なのです。

そして「フェイス」は、通常の陳列棚の同一商品が締めている「列」の数。
例えば、1フェイス(1列)しか置いていない商品よりも、3フェイス(3列)置いてある商品の方が仕入れ数が多いことが分かります。仕入数が多い=さきほどの島と同じく売れ筋商品ということです。

そのほか、原産国によって、ワインにはっきりとした格付を与えているものがあります。例えば、イタリア産のワインには、最高基準を満たしたワインに「DOCG」というラベルが貼ってあります。決して、高いワインというわけではなく、お手頃なワインであっても、基準を満たすワインには貼ってあります。

「ワインは高い」なんて思わずに、安くておいしいワインを探してみるのも
楽しいですよ。


ドンペリ(10万円相当)に勝ったワイン
posted by ろしぽん at 22:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 食費の節約

2006年02月10日

ささやかな贅沢編

こんにちわ,節約生活エコエコライフです。

第四回目の今日は【お買い物のコツ(ささやかな贅沢編)】です。

わが家はごくごく中流家庭のウルトラ庶民。めったに贅沢はしません。
でも、たまには、ちょっとだけいいお肉を買ってみたり、ワインを開け
てみたりもします。

節約とは、いつも一番安いものだけを買うことではありません。

時には、よりおいしく、より安全で、より体に良いものを取り入れて、リスク分散をすることが大切なのです。良いものは体の健康につなが り、ささやかな贅沢感は心の健康にもつながります。

では、お肉を例にとってみましょう。

100g70円の「外国産」豚肉と、100g80円の「国産」豚肉があったとします。
さて、どちらを買いますか?わが家では、迷わず「国産」を買います。
この10円の差で、健康を買ったと思えば良いのです。

でも、これはまだ基本。「ささやかな贅沢」の域には至っていません。

いつもなら100g80円の国産豚肉(こまぎれ)を買うところ、たまたま100g200円の国産ブランド豚肉(ロース)に、半額のシールが貼ってあったとしたら?半額でもまだ、こまぎれの方が安いです。

でも、わが家では、迷わずロースを買います。

これが「ささやかな贅沢」なのです。

いつもは安いお肉の炒め物。でも、たまに食卓においしそうなロースのしょうが焼きがのっていたら・・・。だんなさま、喜びますよ。
「半額だった」なんて言わなくていいんです。だんなさまは、「月末にいくら残った」よりも、「やりくり上手で、かつ、おいしいものを食べさせてくれる」の方がきっと喜びますよ。

それでは、今日のおさらい!

「リスク分散 健康第一 プチ贅沢で 心も元気」

posted by ろしぽん at 19:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 食費の節約

2006年02月09日

激安乾物のススメ

こんにちわ,節約生活エコエコライフです。

第三回目の今日は、【お買い物のコツ(激安乾物のススメ)】です。

スーパーに行くと、どうしても生鮮食料品に目が行きがち。
誰でも鮮度のいいものを食べたい、そりゃ当たり前ですよね。

でも、「乾物」を上手に使えば、毎日の献立もぐっと幅が広がります。日持ちがするので、あと一品欲しい時、簡単に調理できて本当に役立ちます。インスタント食品とは違うので、調理をすれば、ちゃんとした一品になりますよ。

<乾物を利用した料理の一例>

 ○切干大根 50円〜   おひたし、煮物
 ○はるさめ 50円〜   サラダ、煮物、お吸い物、鍋物
 ○こんにゃく 30円〜  煮物、鍋物、炒め物
 ○野菜スライス(乾燥/水煮)(れんこん、ごぼう、いもなど)50円〜   炒め物、煮物
  
「乾物」の上手な買い方、それは、業務系・問屋系のスーパーを利用すること。
こういったスーパーは、生鮮食品を置かない分、「乾物」がとっても安価なのです。もちろん、お料理に使う乾物以外でも、

 ジュース、コーヒー、お茶、マヨネーズ、ケチャップ、かつおぶし、
 てんぷら粉、のり、油、ドレッシング、お吸い物・・・・・などなど、

ごく一般的な乾物もとっても安価に買えます。

ちなみに、わが家が愛用している業務系スーパーはこちら。
業務スーパー

業務系スーパーは、最初は入りにくいかもしれませんが、
利用者の大半は一般の方なので、ぜひ上手に利用してみてください。

それでは、今日のおさらい!
「乾物を 上手に使って もう一品」

次回は、【お買い物のコツ(ささやかな贅沢編)】です。お楽しみに!

posted by ろしぽん at 20:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 食費の節約

2006年02月08日

お買い物のコツ(実践編)

こんにちわ,節約生活エコエコライフです。

第二回目の今日は、【お買い物のコツ(実践編)】です。

見切品は上手に買うべし!
 
 節約のため、何が何でも見切品というのは間違い!
 見切品を買うポイントは、
  ★今日の献立に使う
  ★冷凍できる
 のどちらか。そうでなければ、買ってもすぐに腐ります。
 「安物買いの銭失い」になるだけです。ただし、にんじんなど日持ちする野菜で形が悪いために見切品になっているものは買っても大丈夫です。

○値段はグラム当たり枚数当たりで比較する
 
 お肉などはパックに100g当たりの値段が書いてありますが、それ以外の乾物などはパッケージに単価は書いてありません。
 でも、親切なスーパーでは陳列棚の値札の下に「グラムあたり○○円」と 小さく書いてありますから見逃さないないようにしましょう!!
 
 書いてなくても、今や携帯電話に必ず計算機がついてますよね?
 食品に限らず、洗剤、消耗品、どんなものでもグラム当たり、枚数当たりで値段を比較する「くせ」をつけましょう。

 計算は必ずしも100g当たり、1枚あたりでなくてもいいんです。 
 例えば、36枚400円のパックと、45枚550円のパックがあったとします。
 どちらも9の倍数ですから、9枚100円と9枚110円、と考えれば簡単。
 これなら計算機を使わなくても暗算できますよ。

セール期間をチェックしよう

 お財布に余裕のない時、でも、どうしてもあれもこれも買いたい、そんなときは、セール期間をチェックしましょう。
 その日限りの特売なのか、その週なのか、その月ずっとその値段なのか。  もちろん、その日限りの特売は買いです。その月ずっとセール期間なら、  今日あわてて買わなくても、財布に余裕のある日に出直せばいいのです。
 「セールだからって、無理して買わない」これが鉄則。 

次回は、【お買い物のコツ(激安乾物のススメ)】をお届けします---☆☆

続きを読む
posted by ろしぽん at 22:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 食費の節約

2006年02月07日

お買い物のコツ(基本編)

はじめまして! 節約生活ブログ 「エコエコライフ」です。
これから、日々実践している節約術を紹介していきますね---☆☆

第一回目は【お買い物のコツ(基本編)】です。

特売日を覚えよう!

 ほとんどのスーパーには特売日があるはずです。
 「○曜特売」「○の市」「お客様感謝デー」などなど。
 わが家では、冷蔵庫に特売日を書いて貼っています。
 冷蔵庫を開ける時、「あ、今日○○が特売日だ!」
 そして、冷蔵庫の中身をチェック。

 では、いざ、お買い物へ。

 
○まずは、スーパーの入り口に貼ってあるチラシをチェック! 
 新聞を取っている人なら、折込チラシを見てスーパーに行きますよね。
 残念ながらわが家は新聞を取っていません。
 でも、さきほど述べたように、特売日と分かってスーパーに行けば「ハズレ」ということは絶対にないはず。
 そして、スーパーの入り口には、だいたいチラシが貼ってあったり特売品がちゃんと書いてあるので、チェックしてから店内へ。

 
特売日を覚えて、特売日にスーパーへ行き、入り口でチラシをチェック。
これで、新聞を取っていなくても、お得なお買い物ができます。

最近ではネットでチラシもみれますよね。
ジャスコのチラシ
ダイエーのチラシ
などなど

次回は、【お買い物のコツ(実践編)】を紹介しますね---☆☆

posted by ろしぽん at 23:35 | 食費の節約

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。